既読ページの履歴

JSランゲージブログ

> TOP>> JSランゲージブログ>> 韓国食文化:「わかめスープ」の作り方

はじめに

韓国でわかめスープといえば、産後の体の回復に良いと言われ、出産した女性は必ず食べます。そして子供を産んで初めてお母さんが食べたことから、誕生日を迎える韓国人はどの人もわかめスープを作って食べる習慣になっています。もちろん日常でもよく食べます。誕生日には牛肉入りわかめスープをよく食べますが、他にアサリやカキなどを入れた海鮮わかめスープやお肉の入っていないシンプルなわかめスープもあります。

栄養たっぷりで体の温まるわかめスープを作って食べてみてはいかがですか?
今回は牛肉入りわかめスープの簡単なレシピをご紹介します。

*「スープを食べる」??
日本のお吸い物と違って韓国のスープは具材がたくさん入っているので、「○○スープを飲む」とは言わず、「○○スープを食べる」と表現します。

材料

乾燥わかめ30g(30分ほど水に戻し、洗って水を切ったら食べやすい大きさに切る)
牛肉200g(食べやすい大きさに切る)
しょうゆ小さじ3
ごま油小さじ2
にんにく小さじ1(みじん切り)
適量
800cc
いりごま適量

作り方

  1. 鍋にごま油を入れて熱し、牛肉・わかめ・しょうゆ(小さじ2)の順番に入れて強火に炒める。
  2. 牛肉に熱が通ったら、 水を入れて蓋をし、強火で沸騰させる。
  3. 沸騰したら20分ほど弱火にして時々アクをとる。
  4. にんにくみじん切り,しょうゆ(小さじ 1)、 塩を加えて 少ししたら火を消す。
  5. 器によそい、好みに炒りごまを散らして完成です。

わかめスープ

次回は

次回は、わかめスープをテーマにした常用フレーズや会話をおとどけします。次回もおたのしみに。

このページのTOPへ